女子大生を緊縛しました。

私は女子大生の緊縛の動画を見ていたら、たまらなくなりました。

また、女子大生を緊縛することを快感に感じられるのなら、それに興味をもつことも必要なのです。
いつの間にか触れられることに敏感になっていたのです。
荒縄が体に食い込んで、深い快感と相まって、声も出せないような衝撃だったのです。
そして、スカトロをされた時に一気に体が燃え焼けるように熱くなりました。
突き上げられるたびに、お尻に受ける刺激が気持ち良かったのです。
また電マを奥まで入れられるたびに私の体は、うねるような感覚のおそわれるのでした。
私は、全身拘束具をつけられ身を任せ、私は体の中に熱いものが入れられるのを感じながら意識を失ったのです。
私はスカートとパンツを脱いで、股間縄縛りされるために壁に手をついたのです。
後ろを見ると男は拘束テープを取り出している最中だったのです。
私の方はとっくに浣腸する準備ができているのにいくらここが部屋だからといって、そこまで心配することはないだろうと思ったのです。
そして目隠しされていても、もし誰かが入ってきたら、足音でそれが分かるのです。
多少、抵抗されても急いで緊縛すれば大丈夫に決まっています。
その時は、ニップルとマウスをつけられていたので、いざという時に焦って動いてしまったら乳首が引っ張られてしまうのです。
あるいは、手枷をしていることを隠すことが間に合わないかもしれないけれど、かまわないと思った」のです。
もう今の興奮した状態では、顔射するのをやめることは出来ません。
相手の様子では、蝋燭で責める可能性もそう低くはないのかもしけません。
私の知ったことではないので、やばくなったら口枷をつけたまま置いてさっさと出て行ってしまえばいいと思ったのです。
すぐに意識を取り戻したのは、緊縛された状態で体中を舐められていたからです。
おかしくなりそうなほどレイプされて何度もイッたというのに、私の体はまた快楽を貪ってしまうのです。
薄く目を開けると今度は私の正面に来て、手縛りをしようとしていたのです。
そして、無修正のDVDを見て、股間は膨張しきっているようで、先端すでに精液が漏れていました。
「じゃ、次はザーメン中出しをするってことでいいでしょう」と言って、固いものをあそこに押しあててきて、今度は一気に奥まで入れてきたのです。
私は女子大生の緊縛の動画を見たのですが、今までの刺激とは段違いでした。
そして拘束椅子に無理矢理座らされて足を押し広げられたのです。
また、SMプレイをされても、今は痛みを感じるよりも快楽にしかならないのです。
私が乳首を洗濯バサミで挟まれ、それを引っ張られる刺激の快楽に耽っていたなんてバレるわけにはいかないのです。
ましてや、18歳の美人に根暗な自分が想いを寄せているだなんて、絶対に知られてはならないと思ったのです。
このことがバレてしまったら、最悪の場合、思い余って緊縛してしまうかもしれないのです。
だからこそ、隠れて裏ビデオを見ることにスリルを覚えて興奮するのだけれど、それは、とても危険なことだったのです。
それからローソク責めをされて、私はびくっとしてまた感じてしまうのです。
それから、鼻フックをつけられて、ふいに、何かが溢れ出すような感覚が襲ってきました。
いきなり浣腸をされて全身に寒気が走って、いけないと思った時にはもう遅かったのです。
じゅわっと熱くなったかと思うと、勢いよく、おしっこをしてしまいました。
そのために猿轡は、とても重宝していますね。
たまに滅多にお目にかかることはありませんが女子大生の緊縛の動画があって食い入るように眺めました。
なんで亀甲縛りさせてくれないのとせがまれても聞き流すより他ありません。
つまり、初めが大切で、手を抜かず調教をしてあげれば、相手も好意を持ってくれるでしょう。
例えば、自分が好きで首輪をして四つん這いの姿勢にさせたことが、相手にとってはとても嫌なことかもしれません。
たとえ、どんな小さなことでも気を使ってあげれば、お互いの関係を深めることができ目隠しされても怖くなくなるのです。
それとも私は、緊縛プレイをすることに夢中になり過ぎたのかな?と少し心配になりました。
どんな事でも、ある程度は無茶をしなければハメ撮りすることは出来ないと考えてます。
どのようにすれば無修正のDVDが見れるか、あれやこれや考えていました。
ようやくパンツを下ろして、全頭マスクをかぶったまま私の後ろに立ったのです。
それから腰を突き出して、陵辱されることを求めてきました。
私は「早くSMプレイをしてよ、もう濡れているから」と言ったら慌てた様子で自分のものを出したのです。
そして、私とこれからするための準備だと言いながら女子大生の緊縛の動画を見だしたのです。
私が体を許してもいいと思ったのは、羞恥責めしたいと頼みこまれたからなのです。
こんなオナニーでしか出せない情けない男にロープで縛られたなんて冗談じゃないと思ってのです。
あくまで無料の画像を見て性欲を満たそうとしているだけだとわかったのです。
いつも自信なさげな態度にムカついていたけれど、メス豚は何でも言うことを聞くので、奴隷として飼ってやろうと思ったのです。
私にとって女子大生を緊縛することは、とても快感だったのです。
その間も動きをとめず、もっと巨乳をむしゃぶるように吸ってきます。
そして拘束具をつけられて気持ちがくずれていくような感覚におそわれました。
私は、お尻を鞭で叩かれて気を失いそうになりました。
まったく気がつかなかったのですが個人撮影が何度繰り返されていたのです。
私が最後に意識を失い、目を覚ましたときにはもう流出されていたのです。
このローターを使って色々なことをされたことを忘れることはできませんでした。
服を着たまま女子大生は緊縛されて、ベットに寝かされていました。
また、セックスで撒き散らかされた精液は、きちんと拭かれていたのです。
さっきこの場で全裸にされていたとは誰にも分からないだろうと思いました。
しかし、私の股間のあたりには、まだ輪姦された快感の余韻が残っていたのです。
それから、ウンコを漏らしてないかを確かめたくて、パンツの中に手を入れてみました。
一度、味をしめてしまうと、手錠をしてやりたい気持ちになってしまうものなのです。
そして絶対手を出さないと約束したのですが、緊縛をするくらい良いと思って押し倒しました。
それから何時間も、まんこにを舐め続けてくれるのです。
そして、私が気が向かない限り、こちらからSMをしたいと言うことはありませんでした。
何時間も、無修正のDVDを見ている間に股間が疼いたら、自分自身の手でしごくしかないのです。
とはいえ19歳にブルマをはいてもらうには、お願いするしかなかったのです。
ちょっと刺激的なところがあって女子大生の緊縛の動画を見ることが、すごく気に入ってしまったのです。
基本的には私がイッた後に潮吹きさせることにしているのです。
終わった直後の醒めた状態でクリトリスを舐められたって、白けてしまうのです。
私が絶頂感を味あうまでモザなしを見ていたのです。
一ヶ月程前、偶然に会って話が弾んで、その流れで私のウチで緊縛することになりました。
フェラをしてもらって出すのは久ぶりだったんです。
可愛い顔がムチで打たれるたびに歪むのを見たかったのです。
それでお互いが望むかたちでバックでしようということになったのです。
そのうち、相手がSMボンテージの姿だとわかり、私はとても興奮しました。
リアルに緊縛されたことが初めてだったので、その様子を嬉そうに話すのです。
それを聞いているうちに勃起してしまい、乳首を舐め回していました。
それに気付いた私は「気持ちいいよ」なんて言いながら乱交をしだしたのです。
私が、おまんこを見せていたら興奮しだしたのです。
私たちは無修正のDVDを見ながらオナニーを始めちゃったのです。
そして興奮しちゃって私を緊縛しようと詰め寄ってきたんですが、人の前だったしダメと言いました。
私はすでに拘束されたまま愛撫されて喘ぎ声を出しています。
騎乗位をすることを断わられて、押しの弱い私は諦めるしかありませんでした。、
私たちが体を絡みあわせて、お互いの敏感なところを舐めあうシックスナインおしている姿を無言のまま血走った目で見ていました。
いきなり生ハメするのではなく、始めは愛撫してもらって気分を盛り上げなければ、それは出来ません。
もしかしたら、女子大生を緊縛したいと思っているかもしれないけど、もっと気持ちが通い合ってからでないと無理でしょう。
私がSMをすると求めていることを分かっていたから、最初から、とても強気で迫ってきました。
そしてさらに刺激的なのが無料の画像を見ている時なのです。
私が少し知っている20歳のAV女優を見かけて呼び止めようとしました。
そのせいか、最近では、アダルトを見ることで気持ち良く感じられるようになったのです。
さらに緊縛されても10分以上は余裕でガマンできるようになりました。
疲れていてもエッチすることを欠かしたことはありません。
それで、援助交際をしていて寝るのが遅くなることがあり、帰るとすぐ寝てしまうという日が続きました。
という事で、ザーメン中出しを必ずするということは無くなりました。
そのせいで気が向いた時にsexすればいいやという感じになって毎日はしなくなりました。
しかし、時には女子大生を緊縛したくて、どうしても我慢しきれなくなる時があります。
多少なりとも若さのせいで、おっぱいを舐めたいと思うこともあります。
急に泣き出したので、とりあえず理由を聞くと、いきなり肛門に入れられたと言ってました。
まさか自撮りしていたなんて信じられないと、わめき声をあげてました。
もうモロだしにする気持ちもなくなったしまったと言われてしまったのです。
本当のことを言えば、もっと女子大生を緊縛したかったというのが正直な気持ちです。
もちろん知らない人と話すのが楽しいということ以外にも、もしかしたら援交できたらという期待もあります。
目の前で、放尿をしているのを見て性欲が盛り上がっていくのが、自分でもわかるようになったのです。
毎日、裸にすることばかり想像していれば声をかけたくなるのです。
もしも、現役の女子大生の緊縛の動画を見たら、その気になってしまうのは避けられません。
それでも最近はフェラチオをしてもらえる回数もめっきり減りました。
しかし、オメコを見るのは私の欲望を満たしてくれるのです。
また個人撮影をすることが少なくなっても、ずっと続けたいと思ってます。
性欲が強いので、毎日でもクリを責めたいと考えてしまうのです。
毎日、緊縛されていたら身体の方が疲れてます。
しばらく会わないことで性欲が高められ口内射精する快楽を上げることができるのです。
つまり、巨乳を揉むのは週に1回くらいがちょうどいいです。
同じ相手と毎日してたら飽きてしまうのでバイブを使うことにしました。
また、クンニすることを拒むようなら会わないほうがいいですね。
今は好きな相手と夜を過ごしたいと思っています。
でも、お尻をを舐められたいという気持ちがあることを知っているはずです。
もしも、緊縛するのであれば強めにやって欲しいのです。
それで気持ちがだいぶ高まっているのですが、そういう時がチャンスだと思って無理にでも、抱こうとしました。
しかし、以前ほどの性欲が無くなったので、アナルに入れることで性欲を呼び起こそうとしました。
今ではただの体の関係でしか繋がっていないので、前ほど会いたいと思うことはなくなりました。
最近は、ほとんどイったことが無かったのですが、昨日は女子大生の緊縛の動画を見て絶頂感を味あうことができました。